个人情报保护方针


高度情报通信社会におくる个人情报保护の重要性を认识し、
以下の方针に基づき个人情报の保护に努めます。

1.个人情报の取得について

适法かつ公正な手段によって、个人情报を取得致します。

2.个人情报の利用について

个人情报を、取得の际に示した利用目的の范囲内で、
业务の遂行上必要な限りにおいて利用します。
また、个人情报を第三者との间で共同利用し、または、个人情报の取扱いを
第三者に委托する场合には、当该第三者につき厳正な调査を行ったうえ、
秘密を保持させるために、适正な监督を行います。

3.个人情报の第三者提供について

法令に定める场合を除き、个人情报を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

4.个人情报の管理について

个人情报の正确性を保ち、これを安全に管理致します。
また、个人情报の纷失、破壊、改ざん及び漏泄などを防止するため、不正アクセス、
コンピューターウィルス等に対する适正な情报セキュリティ対策を讲じます。
当社は、个人情报を持ち出し、外部へ送信する等により漏泄させません。

5.个人情报の开示?订正?利用停止?消去について

本人が自己の个人情报について、开示?订正?利用停止?消去等を求める権利を
有していることを确认し、これらの要求がある场合には、异议なく速やかに対応します。
なお、当社の个人情报の取扱いにつきましてご意见、ご质问がございましたら、
当社までご连络下さいますようお愿い申し上げます。

6.组织?体制

个人情报保护责任者を任命し、个人情报の适正な管理を実施致します。
そして、役员及び従业员に対し、个人情报の保护及び适正な管理方法について研修を実施し、
日常业务における个人情报の适正な取扱いを彻底します。

7.个人情报保护コンプライアンス?プログラムの策定?実施?维持?改善

この方针を実行するため、个人情报保护コンプライアンス?プログラム
(本方针、「个人情报保护规程」及びその他の规程、规则を含む)を策定し、
これを当社従业员その他関系者に周知彻底させて実施し、维持し、継続的に改善致します。